So-net無料ブログ作成
検索選択

THE ALFEE、シングル50作連続TOP10 [音楽]

【オリコン】THE ALFEEシングル50作連続TOP10 33年で達成「正直ホッ」

オリコン 5月31日(火)4時0分

 8月にデビュー42周年を迎えるTHE ALFEEの通算65枚目のシングル「今日のつづきが未来になる」(5月25日発売)が初週2.8万枚を売り上げ、6/6付オリコン週間シングルランキン グ3位に初登場。シングル連続TOP10入り獲得作品数を「50作」の大台に乗せた。

【インタビュー】THE ALFEE、新曲で50作連続TOP 10入りなるか!?

  これまで49作連続で並んでいたB’zと嵐を抜き、アーティスト歴代単独2位の快挙(歴代1位=SMAPの55作連続)。1983年9/19付で16th シングル「メリーアン」が8位となり、初TOP10入りして以来、33年(32年9ヶ月)かけて達成し、息の長い人気ぶりを証明した。

 坂崎幸之助は「50作、33年間という長い期間で達成した記録であるということと、長年応援してくれたファンの皆さんの力で達成できた記録であるという ことが、一番の喜びです」とコメントし、桜井賢は「正直な話、ホッとしています」と本音も。高見沢俊彦は「この曲を節目にして、さらなる楽曲を創作して行 こうと思っています」と気持ちを新たにした。

 今作は“人生という旅”をテーマに、高見沢いわく「デビュー42年目の今だからこそ歌える」楽曲となっている。

■THE ALFEE 喜びのコメント全文
▽高見沢俊彦
『今日のつづきが未来になる』はデビュー42年目の今だからこそ歌える楽曲です。
そのニューシングルが50作連続のトップ10となったこと、素直に喜びたいと思います。
それと同時に、長年応援し続けてくれたファンの皆さんには心から感謝致します。
この曲を節目にして、さらなる楽曲を創作して行こうと思っています。

▽坂崎幸之助
50作、33年間という長い期間で達成した記録であるということと、
長年応援してくれたファンの皆さんの力で達成できた記録であるということが、一番の喜びです。
ファンの皆さんには当然ですが、この33年間に関わったすべての人に心からの感謝を送ります。
ありがとうございました。

▽桜井賢
正直な話、ホッとしています。
記録が続いていると知らされた時から、この曲のヴォーカリストとして少なからず重荷を感じていましたが、
おそらく僕よりもファンの皆さんの方がプレッシャーを感じていたのではないかと思っていました。
この記録は間違いなくファンの皆さんが作ってくれた記録です。
本当にありがとうございました。

コロンボ5050.jpg


壇蜜のもっとハァハァしてる? [ぴんぼけ]

手相って奥が深い…

★其ノ百伍拾壱

2016.05.27

運命の線がみえますか
運命の線がみえますか【拡大】

 先日、電車に乗ったときの話です。車内は座ったら誰かと隣同士になるくらいの乗車率でした。

 私の隣には若い女性がおりました。女性は左の手のひらと、膝の上のかばんに置いた本を交互に見るようなしぐさを繰り返しておりました。

 本に熱中するあまり、膝上のかばんが、本の重さと「肘を押し付ける力」でぺちゃんこにされている姿がかわいく、若さって何でも夢中になることなのかも…とほほえましくチラ見をしておりました。不審者ではないのであしからず。

 お分かりかもしれませんが、彼女が読んでいたのは分厚い女性誌の「手相の特集記事」。自分の手相と紙面の手相を見比べて「私は××なタイプかも」とか「××になっちゃう線が出てるよー、やだなー」との結果に喜んだりガッカリしていたのかもしれません。

 手相というものは「自分の傾向や運命」を認識して、対策を考え出すものだと解釈しています。「こうすればよいでしょう」というお告げのような占いよりは、自己判断の比重が高い占いの一つだと思うのです。

 じーっと手のひらを見て過去を回想する時間など、普通の生活ではまずないような気もします。

 目を細め、読書に集中する彼女は、まるで瞑想しているよう。手のひらのシワを通して「過去の自分」と対話をしているようでもありました。

 精神集中のムードを隣で感じながら、手相はみんなでわいわい楽しむのもいいけど、一人で静かに向き合うことで新しい思想の境地が生まれる期待もできそうだな…と確信したのでした。

 そのうち「手のひらを通して、過去と未来を見つめよう」的な瞑想系手相ムックや専門紙が発売されたら、高尚な一人遊びツールとして買ってしまいそうです。少なくとも私と、私と隣り合った女性は手を出すかも…。

 手相は奥が深そうです。数カ月ごとに変わるというし、海外では手相を良い方に変えてしまう「手のひらの手術」もあるそうです。爪で痕をつけるだけじゃ、弱いかしら。

 ■壇蜜(だん・みつ)  1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。今春からはNHKラジオ第2で 「高校講座/保健体育」(水曜午後8時10分)に出演中。書き下ろしエッセー集「どうしよう」(マガジンハウス)も好評発売中。BS日テレ「久米書店~ヨ クわかる!話題の一冊」(日曜午後6時)やBSジャパン「にっぽん真発見」(日曜午後9時)でも活躍中。

コロンボ5050.jpg


真木よう子“激太り”疑惑 役作り? [ぴんぼけ]

真木よう子“激太り”疑惑 役作り? 離婚したストレス?

 女優の真木よう子(33)がまさかの激太りで話題を集めている。出演したイベントやテレビ番組を見た人々から、ネット上で「最初、誰かわからなかった」「変わりすぎ」と驚きのコメントが相次いでいるのだ。

ずいぶんと見かけが変わった真木よう子 [コピーライト] zakzak 提供 ずいぶんと見かけが変わった真木よう子

 真木は今月21日、映画「海よりもまだ深く」(是枝裕和監督)の舞台あいさつにシースルーのワンピース姿で登壇。

 真木といえば、Gカップともいわれる巨乳で知られるスタイルを誇ったが、「二の腕はパンパンで、背中まで肉がついていた。目を疑いました」と映画誌ライター。

 ネット上でも「鎖骨が消えた」「だいぶ肥えたな」との書き込みが相次ぐほど。22日にはバラエティー番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演したが“激太り”疑惑が加速するばかり。

 「もともと真木は体形の変化が激しい。メンタルの状態が体形に出るようです。先月、女性週刊誌に、歌舞伎町のホストクラブで一晩で2000万円も散財したと報じられましたが、昨年秋に離婚したストレスが原因ともいわれています」と(芸能ライター)

 その一方で、プロ意識の高さを証言する声も。

 「昨年1月に出演したドラマ『問題のあるレストラン』では、ビストロの店長ということでふっくら体形を維持。その後、ダイエットで戻しましたが、ファンから激やせを心配されたほど。役作りで体重が増減するタイプ」と放送関係者。

 ぽっちゃり好きには朗報だが、肝心のカップ数が変わるようなことがあったら残念だ。

真木よう子.jpg

コロンボ5050.jpg


真田丸(21)「戦端」 [TV・映画]

真田丸(21)「戦端」

2016年5月29日(日)  20時00分~20時45分

真田丸.jpg

番組内容

待望の嫡男誕生で勢いに乗る秀吉(小日向文世)は、北条氏政(高嶋政伸)に上洛するよう迫る。秀吉に臣従すべきという家康(内野聖陽)の勧めにも耳を貸そうとしない氏政は、逆に秀吉に条件を突きつける。それは真田が治める沼田領を引き渡すようにというもの。自らの領地を勝手に交渉の道具にされ昌幸(草刈正雄)は「戦も辞さぬ」と激怒する。戦国を終わらせようとする秀吉とそれにあらがう父の間で信繁(堺雅人)は板挟みとなる

出演者

  • 出演
  • 堺雅人,大泉洋,長澤まさみ,木村佳乃,山本耕史,藤本隆宏,吉田羊,片岡愛之助,高嶋政伸,斉藤由貴,寺島進,中原丈雄,桂文枝,竹内結子,小日向文世,藤岡弘、,草笛光子,高畑淳子,鈴木京香ほか

コロンボ5050.jpg


丸裸損 [購入品]

いつものやつ

 

いつものやつ

 

いつものやつ

 

いつものやつ

 

いつものやつ

 

いつものやつ

 

いつものやつ

 

いつものじゃないやつ 真木よう子.jpg

コロンボ5050.jpg

 


上野樹里&トライセラ和田唱が結婚! [ぴんぼけ]

上野樹里&トライセラ和田唱が結婚!昨秋から交際「とても自然なこと」

スポニチアネックス 5月26日(木)15時6分配信

 女優の上野樹里(30)とロックバンド「トライセラトップス」のボーカル・和田唱(40)が結婚した。26日、所属事務所がファクスで発表した。

【写真】和田唱の母は料理愛好家の平野レミ

 2人は「2人にとって、とても自然なことでした。そして、そのことにとても喜びを感じています。お互いに支え合いながら、一歩一歩、前に進んでいこうと思っております」とコメントした。

 昨年秋からの交際経て、この日、入籍。同居はこれからの予定で、挙式披露宴は未定。上野は同バンドのファンを公言し、ライブにも足しげく通っていた。関係者によると、知人を通じて和田と知り合った。

 上野は映画「スウィングガールズ」「のだめカンタービレ」、NHK「てるてる家族」「江~姫たちの戦国~」など代表作多数。

 和田はイラストレーターの和田誠氏(80)と料理研究家の平野レミ(69)の長男。バンドは97年にメジャーデビュー。ポカリスエットのCMに起用された「GOING TO THE MOON」などで知られる。

コロンボ5050.jpg