So-net無料ブログ作成
検索選択

壇蜜のもっとハァハァしてる? [ぴんぼけ]


こういう壇蜜はいかがですか【拡大】

 年を取ると、こだわりが強くなる。だから困ったもんだねぇ…という嘆きをよく聞きます。

 「イマドキの若いものは…」「昔はもっと~だったのよ」「私のときは~だったんだからね」という口調で若者に話をしてしまう。振り返れば、私自身も若い世代を「まったくもう…」という視点で見てしまったり、接してしまったりしている節があります。

 自分だって至らない人間のまま、年ばかり取ってきたのに、調子のいい話です。

 私の場合、ひとりっ子で女子校育ちのため、「年下の女性」に世話を焼きすぎてしまう傾向があることは、自分でも分かっています。

 プレゼントしたり、お下がりを譲ったり、「妹をかわいがるお姉さん」でいたいのでしょう。あまりにも世話を焼きすぎて、「なんでここまで?」とかえって怖がられてしまうこともありました。遠慮しないでね、という姿勢が恐縮を招くとも知らずに…。

 人との距離を縮めることが苦手なくせに、“お姉さん風”を吹かせてはいけませんね。お節介は「断るスキを与えてから」しようと心に誓いながら35歳を迎えたいものです。

 しかし、「こだわりが消えたなぁ」と思うことも生じます。諦めというか、私がやっても仕方ないじゃんというか…。

 例えば、服装なら「レギンスなんてモテないよ」「網タイツ、はかなきゃ」「腹巻きなんて子供じゃないんだし」と、世の中の若人視点を共有するぞと虚勢をはっておりました。しかし、それも数年前からかなりなくなりました。

 「でもさ、だれに見せるのか?」という自問自答で虚勢が飛んでいったのでした。

 ファンの方は、壇蜜として仕事をする私が好きなのであって、「ダサいのやだ、モテたい」なんて強気な姿勢で網タイツをはいて、街を闊歩(かっぽ)する私にはあまり興味がないということに気づいたのです。

 ファンを大事にするならば、「防寒」「避暑」「紫外線対策」をモットーに、己の体を守ってコンディションを整えておくことが重要だと思ったのです。

 目覚めた私にレギンスも腹巻きも温かい対応をしてくれました。「暖かさが正義」の季節がやってきます。はこうじゃないかレギンス、巻こうじゃないか腹巻き。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。テレビ東京「ニュースハローワーク」(月曜午後11時58分)でレギュラーMCをはじめ、NHKEテレ「テレビ中国語」(火曜午後11時)、BS日テレ「久米書店~ヨクわかる!話題の一冊」(日曜午後6時)に出演中。エッセー集「壇蜜日記2」(文春文庫)が発売中。

dan-82.jpg

コロンボ5050.jpg


パンジーの苗 [ぴんぼけ]

昨日帰宅時、中川の園芸店の前を通ると、

やっと売り出していたパンジー、

ポーチュラカ(黄色でした)が枯れそうに

なっているので、苗一つ買ってきた。


昨年はバイオレットで交通事故を

起こしたり、大変だったので、

今年はホワイトで。

壇蜜72.jpg

明日植え替えよう。ちなみに3連休である。

コロンボ5050.jpg


相棒 season14の第3話の平均視聴率は14.8% [TV・映画]

相棒 season14の第3話の平均視聴率は14.8%

10月28日に放送された水谷豊主演のテレビ朝日系連続ドラマ『相棒 season14』の第3話の平均視聴率は14.8%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)を記録した。このドラマは、優秀なキャリアでありながら、ある事件の影響で出世コースから外れ、警視庁内の窓際部署「特命係」に追いやられた警部杉下右京(水谷豊)を中心にした刑事ドラマ。出演者は水谷豊、反町隆史、鈴木杏樹、石坂浩二 川原和久、山中崇史、山西惇、六角精児、神保悟志、片桐竜次、小野了 他。脚本は金井寛。相棒 season14の第3話はテレビ朝日系列にて21:00-21:54に放送された。⇒ランキング

第1話 18.4%
第2話 17.6%
第3話 14.8%

--------

急降下。

ななこ3.jpg

まずいわね。

コロンボ5050.jpg


さらば あぶない刑事 [TV・映画]

『さらば あぶない刑事』タカ&ユージ最後のアクション!ついに本編映像公開!

[コピーライト] CINEMATODAY Inc. 提供 泣くなよって言われても泣いちゃいます! 『さらば あぶない刑事』4ショットポスタービジュアル - (C)2016「さらば あぶない刑事」製作委員会

 舘ひろし(65)と柴田恭兵(64) が主演を務める大ヒット刑事ドラマのラストを飾る劇場版『さらば あぶない刑事』の予告編が公開。ハーレーにまたがってショットガンをぶっ放す舘や、全力 疾走する柴田など、定年間近とは思えない刑事コンビ“タカとユージ”のアクションが詰め込まれた迫力の仕上がりになっている。

  同作は、1986年の番組スタート以来、テレビシリーズ2作と特番1本、6本の劇場版が製作された大人気刑事ドラマの映画最新作にして最終章。定年退職を 5日後に控えた、横浜・港署の刑事コンビ、タカ(舘)とユージ(柴田)が、日本に進出してきた中南米マフィアに狙われた横浜を守るため、刑事人生最後の死 闘に挑む。

 歴代シリーズにおけるタカとユージの勇姿から幕 を開ける予告編では、年を重ねながらも、クールなファッションとウィットに富んだ会話は変わらない、現在の二人の姿が。真山薫役の浅野温子と町田透役の仲 村トオルをはじめ、木の実ナナ、ベンガル、小林稔侍らおなじみの面々も顔をそろえる。

  さらに、ハーレーに乗ったまま両手放しでショットガンを撃つタカのバイクアクションと、伝説のユージ走りも健在。ド派手なガンアクションに続いて、「長く 居すぎたな……この街に」とつぶやくユージに、「いつかは別れる時が来るさ……」とタカが返す、「最後」を意識させるやりとりが胸を打つ。

 また、タカの彼女・夏海を演じる菜々緒の妖艶な魅力のほか、“史上最強最悪の敵役”を務める吉川晃司のバイクテクニックや殺人マシーンぶりにも注目。まさに「あぶ刑事」ならではのカッコよさが詰まった映像になっている。(編集部・入倉功一)

映画『さらば あぶない刑事』は2016年1月30日より全国公開

 

あぶない刑事.jpg

コロンボ5050.jpg


ルパン三世 「魔法使いの左手」#5 [アニメ・本]

ルパン三世 「魔法使いの左手」#5

2015年10月29日(木)  25時29分~25時59分

ルパン三世(2015).jpg

落ち目のサーカス団の中に峰不二子の姿が。1人の若い団員の男ルカに近づく不二子。果たして峰不二子の狙いは何なのか?ルパンがその真相を追っていく。

出演者

  • 声の出演
  •  ルパン三世・・・栗田貫一 次元大介・・・小林清志 石川五ェ門・・・浪川大輔 峰不二子・・・沢城みゆき 銭形警部・・・山寺宏一 レベッカ・ロッセリーニ・・・藤井ゆきよ ニクス・・・咲野俊介

番組内容

落ち目のサーカス団の中に峰不二子の姿があった。そのサーカス団は10年前、魔法使いと称されたトニー・ベルカストロという男が事故死した。亡きトニーのマジックの種が書かれた「トリックレシピ」。誰もがそのレシピを欲しがったが、それを受け継いだのはルカという若い団員だった。そのルカに近づく不二子の影。峰不二子の狙いは果たして何なのか?ルパンがその真相を追っていく。

不二子2.jpg

先週は次元で今度は不二子か。

コロンボ5050.jpg


『相棒』反町隆史に早くも“リストラ説”が急浮上! [TV・映画]

『相棒』反町隆史に早くも“リストラ説”が急浮上! 今シリーズで幕引きも……?

[コピーライト] Cyzo 提供

 反町隆史が4代目相棒を務める、水谷豊主演の人気ドラマシリーズ『相棒 season14』(テレビ朝日系)で、早くも“反町1クールリストラ説”が流れている。

「反町の“棒読み”の演技力に、水谷が不安を感じ始めたんです。この先、視聴率が落ちれば、反町は1クールでお払い箱になりかねませんよ」とはドラマ関係者。

  前シーズンは、3代目相棒の成宮寛貴を最終回で犯罪者に仕立てるという後味の悪い終わり方に視聴者から批判が殺到したこともあって、4代目の相棒選びは難 航。反町に決まった段階で、水谷は「いつか仕事をしたい役者の中に、いつも反町さんがいました」と絶賛のコメントを出していた。

 ところが、前出のドラマ関係者によると、実は水谷は反町の起用に最後まで反対。新シリーズの構成にも、不安を口にしていたという。

  反町が登場した初回の視聴率は18.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)と、幸先良いスタートを切ったといわれたが、2代目相棒の及川光博が初 登場した時は、19.4%、3代目の成宮の時は19.9%と考えると、決していい数字とはいえない。視聴者は、反町に、それほど期待を持っていなかったと いうことだろう。

 反町はフジテレビ系の『GTO』で大ブレークしたが、2代目『GTO』を演じ、その大根ぶりが話題になったEXILEのAKIRAと、演技力の拙さはどっこいどっこい。あれから、16年以上が経過したが、反町の演技は相も変わらずで、水谷の不安は的中した。

  しかし、水谷の演技力も、人を批判するほどのものではない。『相棒』の杉下右京役のイメージが強すぎて、ほかのドラマや映画を見ていると、実にぎこちな い。特に、TBS系のスペシャルドラマシリーズ『居酒屋もへじ』の演技力には閉口する。このドラマは東京・上野生まれの石井ふく子プロデューサーが、下町 を歩いて見つけた居酒屋を舞台にしたコメディタッチの人情ドラマ。水谷の役どころは、下町出身の居酒屋のおやじだが、セリフ回しにも江戸っ子らしい雰囲気 はまったく感じられず、お世辞にも演技力があるとはいえない。これで、反町を批判する資格はないだろう。 しかし、『相棒』シリーズで高視聴率を取り続け る水谷は“テレ朝のドラマの天皇”といわれるほど力を持っている。視聴率をキープするために、水谷の要求で演出規模が派手になり、ドラマの制作費は当初1 本3,000万円だったのが、今は倍の6,000万円だともいわれている。これでは、制作の東映の利益がほぼない状態。しかも、水谷のギャラは破格の 500万円。反町には、水谷に次いで200万円を捻出しているという。

 これで視聴率が取れなかったら、制作サイドとしては、反町の降板で済ませるだけではなく、シリーズ自体を終わりにしたいというのが本音ではないか。

ななこ3.jpg

コロンボ5050.jpg


劇場版 MOZU<西>壮絶ロケ明かす [TV・映画]

 俳優の西島秀俊さんが27日、東京・六本木で行われた主演映画「劇場版 MOZU」(羽住英一郎監督、11月7日公開)のワールドプレミアに登場。フィ リピンで1カ月にわたる大規模なアクションシーンのロケも行われ、西島さんは「日本では考えられないようなカーアクションをやったりとか、とにかく毎日戦 場のような日々で、僕も肋骨(ろっこつ)にひびが入ったりとか、左肩を壊したり、右目の角膜をはがしたりとか、いろいろ。実際過酷で体ぼろぼろになりまし たね」と壮絶な撮影を明かした。

【写真特集】真木よう子がセクシー衣装で たけしがコマネチ披露

MOZU2.jpg

 映画は「第28回東京国際映画祭」(TIFF)の特別招待作品。この日のプレミアイベントには、ドラマ版から出演する西島さん、香川照之さん、真木よう 子さん、池松壮亮さん、杉咲花さん、劇場版から登場するビートたけしさん、伊勢谷友介さん、松坂桃李さんが約300人の観客と多数の報道陣の前に登場し た。

 西島さんは「こんなにたくさんの方に温かく迎えていただいて感動しています。」とあいさつ。「とにかく監督にも振り切って全力でやってくれといわれたの で、これで決着をつけるつもりでやりました」と明かし、作品については「素晴らしいキャストの皆さんが文字通り命懸けの撮影をしたものすごいアクション大 作になっています」とアピールした。

 「MOZU」は、作家・逢坂剛さんのハードボイルド小説が原作で、2014年4月からTBS系列でシーズン1、同年6月からWOWOWでシーズン2を連 続ドラマとして放送。公安のエース・倉木尚武(西島さん)が、殺し屋・百舌(モズ)の存在の謎や公安の秘密作戦にまつわる悲劇、国家を揺るがす策略などに 迫る姿が描かれた。

 映画は、倉木が妻の死の真実にたどり着いてから半年後を描く。気力を失った倉木と、警察への不信感から警察をやめ探偵事務所を開いた大杉(香川さん)、 ともに謎を追っていた明星(真木さん)の3人が、同時に起きた二つの過激テロの犯人を追ううちに、裏で暗躍していたシリーズの最大の謎でもある巨悪「ダル マ」の正体にたどり着く……というストーリー。

真木よう子.jpg

期待できるな西。

ブーヨ少佐代理。
 
コロンボ5050.jpg