So-net無料ブログ作成

壇蜜のもっとハァハァしてる? [ぴんぼけ]

私の体内アプリに欠けている予測機能 度胸はついたけど

★其ノ百伍

2015.05.29


大ざっぱなおかげで元気にやっております【拡大】

 体内時計。体に備わっている時間の感覚、とのこと。日頃の生活は時計に囲まれているため、せいぜい腹時計や自然と眠くなるぐらいしか実感できないかもしれません。だけど、かつて人類が「時計なんてなかった頃でも時間が何となく分かっていた」という感覚を潜在的に受け継いでいる鋭い人はいるようです。

 以前、テレビ番組で「×秒たったと思ったらボタンを押す」というゲームに興じるシーンを見かけました。数人のタレントの方が参加する中、ほぼ正確に指定された時間を押せる方もいたので、皆さんの想像通りそのような芸当が全くできない私にはただただ「すごいなぁ」という感想しか出てきませんでした。

 ルーズで遅刻ばかりということはさすがにありませんが、何も見ずに正確に時間が分かることができないのは、大ざっぱな性格が関係しているのでしょうか。体内時計が大ざっぱというのは、時計がこの世に存在するゆえの進化なのか、はたまた怠惰なだけなのか。

 大ざっぱな私の性分は、体内時計だけではおさまらず、体感温度も相当アバウトにできあがっているような気がしてなりません。

 最初は何気なく過ごしていても、気付けば暑さで大量の汗をかいていたり、寒さで指先の感覚がなくなっていたりする(あわてて温めても数時間ほど謎のしびれが残るので、私はこれを「寒シビ現象」と呼んでいます)ので、私の中の“アプリ”に予測する機能が抜けているのでしょう。

 「薄着になるの面倒くさい」や「厚手の靴下を履くのがおっくう」という怠惰が惨劇を招きながら、何も学べないのもそういうアプリが備わっていないからと、自分で自分に見切りをつけております。

 この状態で万が一、床暖房のある家に住んだ日には…。想像するのも恐ろしい「怠惰ライフ」に飲み込まれてしまいそうです。働かなければ床暖房も購入&維持できないのですけれどね。

 しかし、最近になって大ざっぱな性分で良かった部分も、人前でようやく述べられるようになりました。大ざっぱ最大の魅力、それは「度胸がつく」こと。驚きの沸点が低くないのも、今、私が生きていく上で大きな助けになっています。こんなご時世ですから。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。NHKEテレ「テレビで中国語」(火曜午後11時)、BS日テレ「久米書店~ヨクわかる!話題の一冊」(日曜午後6時)にレギュラー出演中。現在放送中のNHK総合「かぶき者 慶次」(木曜午後10時)では雫役を好演。

固論歩5050.jpg


コレステロール [ぴんぼけ]

艦隊診療所より、

1/22以来外来の記録が無いと、

督促メールが来た。

コレステロールの薬を止めて

2カ月になるOrz

もういいかなと思ったが、

流石5523健康管理課、しぶといな。

壇蜜77.jpg

こういう女医さんなら

行くんだけどね、艦長!

壇蜜3.gif

固論歩25050.jpg


ルパンがついに結婚! [TV・映画]

 

ルパンがついに結婚! "峰不二子に引けをとらない"美人花嫁の正体が明らかに

[コピーライト] マイナビニュース 提供 30年ぶりのTVシリーズとして、今秋から日本テレビほかにて放送される人気アニメ『ルパン三世』のストーリーの一部が27日、明らかになった。

公 開されたストーリーは、ルパン三世から銭形警部宛てに、盗みの予告状ではなく結婚式の招待状が届くという衝撃のオープニングで幕開け。気になるルパンのお 相手は、なんと峰不二子ではなく、物語の舞台となるサンマリノ共和国を代表するロッセリーニ財閥の若き会長で、数々の著名人と浮名を流す世界的なゴシップ クイーンとして知られるレベッカ・ロッセリーニだという。2人の結婚式の招待を受けた次元、五ェ門、不二子たちは、イタリアへと向かう。

今 回、設定画とともに詳細が明らかになった新キャラクターのレベッカは、先日公開されたプロモーションビデオにも登場しており、"謎の美女"として話題を呼 んでいた。自由奔放な性格で、不二子に引けをとらない美貌の持ち主として描かれているが、制作サイドいわく「誰にも言えない秘密を持っている」という。

1985 年『ルパン三世 PART III』終了以来30年ぶりとなる本作は、TVシリーズのPart4にあたる。総監督に『ルパン三世』シリーズ(劇場版『ルパンVS複製人間』原画、劇場 版『カリオストロの城』原画、カーチェイス全般)など、アニメーター・作画監督として数々の作品に参加した友永和秀氏を迎え、監督は『もやしもん』の矢野 雄一郎氏が担当。シリーズ構成は『LUPIN THE III RD 次元大介の墓標』や『TIGER&BUNNY』の高橋悠也氏が務める。さらに、シリーズの劇伴を担当してきた作曲家の大野雄二氏が、本作のために「ルパン 三世のテーマ」を新録した。

原作:モンキー・パンチ(C)TMS

 

--------

ありえないな。

固論歩5050.jpg


デジカメ買うか? [購入品]

先日ポーチュラカを植えた写真を

デジカメ(カシオ exilim)

で撮ったが、半年程使ってなかったので

充電して稼働すると、液晶画面がぼやけて、

お亡くなりになったっぽい。

何とか撮って編集ソフトで誤魔化したが・・・З

 

週末素っ裸セールで新調するか?

【あす楽】 フジフイルム FinePix AX660 レッド

【あす楽】 フジフイルム FinePix AX660 レッド
価格:6,980円(税込、送料別)


乾電池式なので充電しなくて済みそうだな。

しかし、ほかってあるiphone4Sでもいいか。

壇蜜62.jpg

壇蜜はどこでも手に入るしな

壇蜜3.gif

2col5050.jpg


デスノート [TV・映画]

 7月にスタートする日本テレビの連続ドラマ「デスノート」(日曜夜)に俳優窪田正孝(26)が主演する。

【写真】朝ドラ「花子とアン」ではヒロインの幼馴染役だった窪田正孝

  原作は03年12月から06年5月まで週刊少年ジャンプで連載した人気漫画。06年に藤原竜也(33)主演で映画化され、前後編合わせて興収80億円を超 えるヒットとなった。顔を知っている人間の名前を書けば、殺すことができる「デスノート」をめぐり、ノートの所有者の大学生・夜神月(やがみ・らいと)と 世界一の名探偵・Lの対決を軸に描くサスペンスだ。

 映画版で松山ケンイチ(30)が演じたLは、山崎賢人(20)に決定。窪田と山崎は原作、映画ともに大ファンで、「まさか出演するなんて思ってもみなかった」と、憧れの作品へ臨む喜びを話している。

 ドラマ化にあたり、キャラクター像を変更。映画では天才大学生だった主人公は平凡な大学生に、Lは、甘いお菓子を過剰に食べるなどの奇行を抑え、天才ぶりに焦点を当てる。

 鈴木亜希乃プロデューサーは「若くて才能あるキャストとともに新しいデスノートを作りたいと思いました。普通の青年がノートを持つことで変貌していく様子を見せるとともに、月とLの対照的な違いを際立たせたい」と狙いを語った。

 窪田は「見た人がどう受け止めるか不安もありますけど、やりがいの方が大きいですね」と意欲を燃やす。プライベートでも兄のように慕っている藤原から「頑張って。楽しみにしてるよ」とメールでエールも送られている。対する山崎も「新しいLを創造したい」と気合十分だ。

 映画版には登場していなかったLの後継者ニア役は優希美青(16)。2月に体調を崩して芸能活動を休止していたが、今作で復帰する。

--------

若返ってわからなくなったな。

壇蜜3.gif

固論歩25050.jpg


デヴィッド・ドゥカヴニー新『X‐ファイル』への思いを語る [TV・映画]

 

デヴィッド・ドゥカヴニー、体力に不安? 新『X‐ファイル』への思いを語る

『X‐ファイル』では抜群の相性を見せるスカリー役ジリアン・アンダーソンとモルダー役デヴィッド・ドゥカヴニー(C) AFLO

 

[コピーライト] Hollywood Channel 提供 『X‐ファイル』では抜群の相性を見せるスカリー役ジリアン・アンダーソ…  2016年1月24日より米Foxで放送されることが正式決定した『X‐ファイル』新シリーズ。13年ぶりにテレビに蘇る同シリーズで、フォックス・モ ルダーFBI捜査官を再び演じる俳優デヴィッド・ドゥカブニーは、同作への復帰について「奇妙で楽しいものになるだろう」と語った。

  Peopleとのインタビューで「ジリアン(・アンダーソン)がいて、ありがたいよ」とデヴィッド。「僕たち2人とも、“本当にまたやるの?本当にまた、 ああいう言葉を口にするのかな?”みたいな状況だろうね。でも少なくとも、お互いがいる」と、相棒ダナ・スカリーFBI捜査官を演じるジリアン・アンダー ソンが、デヴィッドにとって心強い存在であることを語った。

 テレビシリーズは2002年に終わり、映画版『X‐ファイル:真実を求め て』が2008年に公開されたが、デヴィッドいわく「僕は本質的に変わっていない。人物像はね。でも肉体的にはだいぶ変わっているよ!」と自分と同じよう にモルダーが歳を重ねていることをジョークにしている。

 「ジリアンも同意見だと思うが、僕たち2人とも以前より芝居が上達しているじゃ ないかな。自分たちの役を今ならどう演じることができるのか、楽しみにしている。オリジナルシリーズのパイロットを見ると、“随分やってきたんだな”と 思ったりする」とデヴィッド。歳を重ねて経験を積んだ今、ジリアンと共に別の魅力を備えたモルダーとスカリーを演じてくれるに違いない。

固論歩25050.jpg


ポーチュラカを植えた [ぴんぼけ]

CIMG1546.JPG

デジカメが壊れたか・・・З

何色かは秘密・・・З

ツポル4.jpg

ツポル、セクシイ・・・З

固論歩25050.jpg


壇蜜のもっとハァハァしてる? [ぴんぼけ]

女子高生ドキドキの「木の芽どき」 「変な人」が増えれば恋も生まれる 

★其ノ百四

2015.05.22


夏になると薄着になってきますね【拡大】

 ゴールデンウイークが終わり、毎年恒例の五月病も案じただけで、特に何も起きないまま、過ぎ去ろうとしております。

 いわゆる「木の芽どき」は、緑が軽やかな色をしており、気候も陽気(すぎるほど)で麗しいと思います。しかし陽気が過ぎて、おふざけの過ぎる人が増えたり、新芽の息吹にあてられて落ち込んでしまったりするのが玉にキズ。

 この季節には、女子校では校内に侵入しようとする、いわゆる「変な人」が取り押さえられる事件がよく起きました。「こわいね」「やだね」といいながら、集団下校したものです。

 この時期、電車内での痴漢もとりわけ多く、担任が「何かあったら大声を出しなさい」と注意していました。しかし、触られたクラスメートいわく「いきなりで怖くて声が出なかった…」「かばんを両手に持っていて、車内も混んでいたので逃げられなかった…」。こりゃ気を付けようのないこともこの世にはあるなと悟った瞬間でした。

 女はすぐ群れるといわれても仕方ないぐらい、当時は団結して登下校しておりました。なるべく一人にならない。それぐらいしか身を守る方法がなかったのも悔しい限りです。

 そんな中、痴漢から守ってくれた男子とちゃっかり付き合っていた子もいたりして、うらやましかったなぁ…。変な人ばかりが増える危険な季節ではなく、夏に向けて恋が芽生える時期でもあるということですね。

  これからは、カラフルな傘やレインブーツという名の長靴が店に並び、水着がデパートをにぎわし、街行く人が薄着になっていきます。雑誌でも腹やら尻やらを引き締める方法を伝授し「夏までまだ間に合う!」と打ち出す特集が目立ちます。
 夏はもうそこまで来ています。春は散策で「探しにいく」イメージですが、夏はずんずんやってくる印象です。駐車場の車を開けたら「ムアーッ」とした空気に包まれて「わっ」となる…。それが私にとっての「夏一番2015」でした。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。NHKEテレ「テレビで中国語」(火曜午後11時)、BS日テレ「久米書店~ヨクわかる!話題の一冊」(日曜午後6時)にレギュラー出演中。現在放送中のNHK総合「かぶき者 慶次」(木曜午後10時)では雫役を好演。

dan-65.jpg

固論歩5050.jpg


『MOZU』血に染まる西島秀俊 [TV・映画]

『MOZU』市街地の大爆破シーン、血に染まる西島秀俊…メイキング映像公開

エキストラ500人以上が参加したフィリピン・マニラのマーケットでの撮影(C)2015劇場版「MOZU」製作委員会(C)逢坂剛/集英社 [コピーライト] 芸能ニュース 提供 エキストラ500人以上が参加したフィリピン・マニラのマーケットでの撮影(C)2015劇場版「MOZU」製作委員会(C)逢坂剛/集英社

 俳優の西島秀俊が主演する劇場版『MOZU』(11月7日公開)の メイキング映像が22日、初公開された。同映像には、西島らキャストのクランクインの様子のほか、フィリピン・マニラ市内で行われた大規模な爆破シーンを 含む過激なアクション撮影の舞台裏が収められている。

 ドラ マ版での革新的な映像表現と、西島、香川照之、真木よう子、長谷川博己、池松壮亮ら実力派俳優陣による重厚な演技、本格アクションが、熱狂的なファンを生 み出していた同作。その劇場版では、日本国内では不可能な大規模アクションシーンの撮影のため、ハリウッド大作『ボーン・レガシー』の撮影も行われた、 フィリピン・マニラで約1ヶ月間に及ぶ海外ロケが敢行された。

  この日、公開された映像には、西島、香川、真木、長谷川ら主要キャストのクランクインの様子のほか、血まみれの西島が羽住英一郎監督から演出を受ける姿、 500人以上のエキストラが参加したマーケットの雑踏での西島の発砲シーンなどが映し出されている。その最後は、市街地における大爆破シーン。疾走中の2 台の車が爆発し、大きな炎を挙げながら吹っ飛ぶ、海外ロケならではの大迫力映像に圧倒される。

  TBSの渡辺信也プロデューサーは「マニラでは街の中心にある営業中のマーケットを封鎖して大規模な撮影を行ったりもしました」。多くの人々が行き交う街 中でのこの激しいアクションシーンで、大破させた劇用車は4台、使用した銃弾は1500発。破格のスケールで撮影は行われた。マニラの街の雰囲気が 『MOZU』の重厚な世界観と重なりあい、ハリウッド大作とは色合いの異なるアクションシーンになりそうだ。

--------

過激だな。

真木よう子.jpg

血まみれ?・・・З

固論歩25050.jpg